THE NEXT LEVEL

スフィアライトのライジングαをバイクに取り付けてみたのでレビューと評価発表

スフィアライトのライジングαをバイクに取り付けてみたのでレビューと評価発表をしてみました。

 

f:id:oniatu:20201031123413p:plain

 

 

 

バイクに乗っていてヘッドライトがハロゲンランプだと暗く感じる事があると思います。

私もそのうちの1人で手軽にヘッドライトをLED化できるバルブを探していた所、スフィアライトさんの『ライジングα』を見つけたので取付てみました。

 

動画でレビューもしたので良かったらご覧ください。

youtu.be

 

スフィアライト『ライジングα』のメリットとデメリット

 

ライジングαを買うかどうか迷っている人のためにもメリットとデメリットを紹介していきます。

 

ライジングα』のメリット

 

①国産メーカーのバルブなので保証付きかつ対応が安心できる

品質に関しても中華製の3000円ぐらいのバルブと比べて確実に良いでしょう

 

②国産メーカーの中のLEDバルブの中ではかなり安い(再安値レベル)

スフィアライト以外にも国産メーカーや有名メーカーのLEDバルブはありますがどれも高価です(1万~2万ぐらい)

その価格帯の中でライジングαは5千円程度で買う事ができます。

 

ちなみに他の有名メーカーだとこのような機種があります。

 

 

 

 

 

 

ちなみに紹介したなかでスフィアライトの『ライジング2』というモデルがありますがこちらは標準的な価格のものになります。

つまり『ライジングα』は『ライジング2』の安価なモデルとも言えます。

 

ファンレスで小型なので取付がポン付けでできる(ヘッドライトにもよる)

LEDバルブによってはバルブと一緒にファンユニットなども付属しており、ヘッドライトの中や外に機器を設置する必要がある場合があります。

異形なヘッドライトでなければ、ライジングαはハロゲンバルブと入れ替えるだけでポン付けできるようになっています。

 

④ハロゲンバルブと交換する事で性能が上がる

具体的に言うと

・光量の増加(約2倍明るくなる)

・低電力化(バッテリー上りなどを防ぎやすい、電力に余裕ができる)

・高寿命化(LEDなのでハロゲンと比べて玉切れの心配はほぼなくなる)

 

上記の内容はLEDバルブであれば同等の内容になりますが、ライジングαは上記のメリットが国産メーカーなのに5千円程度で手に入る事が一番の魅力だと思います!

 

ライジングα』のデメリット

デメリットに関しては取り付けて使用していても感じませんでした。

強いて言うなら

 

①購入費用がかかる

②簡単ではあるが取付る必要がある(ショップでやってもらうこともできる)

 

上記のデメリットに関しては5千円程度で明るさという安全を買うと思えば全然痛手ではありませんね。

取り付けに関してもバイクド素人でもできるような内容です。

簡単に取付方法を動画で紹介しているのでみてみてください。

ページ上の方に動画リンクあります。

 

結論:ライジングαは買いです

ずっとヘッドライトをLED化しようか迷っていたのですが、標準的な価格は高いし、失敗したらどうしようと思って手が出せていませんでした。

しかし、安価で有名メーカーからライジングαが出たので購入し、取り付けた結果は大正解でした。

自分の評価点はかなり高いですね。

 

 

 

動画でのレビューだと取付方やハロゲンとの明るさ比較もしているのでご覧ください

【気になるホワイトノイズは?】Anker Soundcore Liberty 2 Proを評価・レビュー

今まで中華製のBluetoothイヤホンを使っていたのですが、友達のAirPods Proを聞かせてもらって音全然違うやんとなってイヤホンを買う事を決意しました。

かといって3万近くするAirPods Proは欲しかったけどさすがにきついし、ノイキャンもそこまでいらないかなと思ったので音に拘って調べていった結果Anker Soundcore Liberty 2 Proを購入する事にしました。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのメリット3つ

私がこのイヤホンを実際に使ってよかったなと思うところを3つあげます。

メリット①期待通りに音がいい

まずイヤホンを買う目的は中華製のものよりいい音で聞きたいという思いがありました。

そこで調べているとアンカー製品のこの商品や

JVC製のこの商品が候補にあがりました。

ではなぜこれらのものではなくLiberty 2 Proを買ったのか?

それは中華性が4000円ぐらいのを使っていてここからだと金額的にあまり変わりはなく、どうせなら1万クラスのものを買おうと思い立ちました。

そして候補に挙がったのがLiberty 2 ProもしくはLiberty 2でした。

Anker Soundcore Liberty 2 ProとLiberty 2の比較

両者を比べた結果正直Liberty 2でいいかなと思っていましたが、セールでLiberty 2 Proが3000円近く安くなっていたのでこちらを買う事にしました。

色々レビューを調べていても確かにLiberty 2 Proの方が音が良いとなっているようです。

しかし私は実際に聞き比べて比較はしていませんので詳細は分かりませんが、スペック上での違いは

・ワイヤレス充電はLiberty 2 Proしかできない

・Liberty 2 Proの方がドライバー(低音に関わる部品)が良いので音にメリハリがある

・Liberty 2 Proの方が見た目に高級感がある

これらのような違いがあります。

上記を承知でセールでなければLiberty 2 でもありだと思いますが、ハイスペックのものを持っている所有感はやはりいいですね笑

私はオーディオマニアではないですが音楽がかなり好きな方ですので、ハイスペックのLiberty 2 Proがたまたま値下がっていてよかったと思いました。

時々セールがやっているみたいなのでチェックしておくといいかもしれません。3000円程度ならいいやという人は思い切って買っちゃうのもいいですね。

メリット②外観・使用感がいい

外観は画像などを見ていただければわかると思いますが、高級感があります。

こちらの動画で詳しく消化ししているのでそちらも見ていただくとより分かるかと。

あとはイヤホンにゴムのひっかけるパーツなどもついていて、どうなのかなと思っていましたが、これがある事によってイヤホンがずれにくくなっています。

イヤーピースなども複数種類あって、多くの人の耳の形状に合うかと思います。

ド定番イヤホンと被りたくない人にも最適ですね。

メリット③コスパが良い

これはメリット①・②の結果にプラスして、ワイヤレス充電対応やUSBタイプC対応、イコライザー付き、専用アプリで設定も変更可能、マイク通話もしっかりできるなどなどを踏まえてです。

ある程度の最先端の技術が詰め込まれており、発売日から少し日付はたっていますが全然使っていけます。

イヤホンやヘッドホンは音がよければ買い替え頻度も少なく済みますからね。

実際に私は数年前にBluetoothヘッドホンを買いましたが、まだまだ現役です。Bluetoothに関しても遅延が少ないコーデックにも対応しているのでシビアな音ゲーとかでなければ問題ないかと。動画視聴は全く問題ありません。

では最後にレビューなどでよく出てくる、唯一の大きな欠点となるかもしれないホワイトノイズについて解説します。

Anker Soundcore Liberty 2 Proのホワイトノイズはどうなの?

結論からいいます。

私はホワイトノイズは気にならなかったです。

ただ、ホワイトノイズ自体はイヤホンからでていました。

どういう事か解説します。

ホワイトノイズが出る状況というのはスマホなどにイヤホンを繋げて音楽を再生していないと「プツッ」という音が不定期に出たりしました。永遠と出る訳でなく出たり出なかったりです。

そのホワイトノイズ自体の音量も不快なレベルではなく、「なんか少しぷつぷつ音がなっているな~」ぐらいのレベルです。

家の中の静かな環境でこのような感想ですから、外で使う分にはより気にならないかもしれません。

また、youtubeなどの動画視聴中でも特に気にならなかったです。

クラシックなどの静かな音楽はどうよ?

自分は普段はJPOPやロックなどのある程度の音量が確保される音楽をメインで聞いていますが、それらの再生中は問題なかったです。

あえて静かな音楽であるクラシックを聴いてみましたが、それも問題ありませんでした。

個体差があるのかもしれませんが、amazonのレビューなどでホワイトノイズに関するレビューがちらほら目立っていたので覚悟していましたが、いい方向へ予想は外れました。

結論、満足できる製品でしたので音に拘りたい人は是非手に取ってほしいイヤホンです。

上記に乗せたyoutube動画でも詳しく解説しているのでもっと知りたい人は視聴してみてください!

【就職・転職】失敗しないために成功体験から学んだ就活方法を徹底解説

f:id:oniatu:20201006010028p:plain

これから就職や転職をする方に向けて、実際に私が経験してきた体験を元に就活方法を解説していいきます。

私の就活経験

新規で中小企業へ入社、その後大手企業へ転職、その後公務員試験(新規採用枠)へ独学で合格という経験をしています。

就職と転職では新規採用と中途採用のため見られる部分も違いますが、ベースは同じなのでどちらの方にも通じるように解説していきます。

この記事では

・就職活動を成功するための流れ
・会社選びの基本
・実際に就活・転職活動を行って成功した方法

これらを解説していきます。

この記事を読めば就活において注意するべきポイントは一通り分かるようになっています。

就職・転職で失敗しないために成功体験から学んだ就活方法を徹底解説

では実際に就活する際の流れを見ていきましょう。

就職の軸を決める

就職する目的・どのように働きたいかなどを決めましょう。

普通のサラリーマンにとって労働は1週間のうちかなりの時間を占めます。私も働いた事がない時には、「そこそこの給料でブラック企業じゃなければいいや」と考えていました。

しかし、どんな仕事がやりたいのか、プライベートを重視したいのか、お金が沢山稼ぎたいのかなど人によって労働の最優先条件があるはずです。

もちろん1つだけではなく複数希望する項目があるのは当たり前です。

まずは思いつくだけ要望を書き出してみて、何を優先するか順位付けをしましょう。

その要望があなたの就職する軸となり、これからの就職・転職活動の行動指針となります。

就職の軸を決めずに就活を走り出していた時は後々選択肢から外れていく企業のために志望動機や会社調べなどの時間を使ってしまったので効率が悪くなりました。

この項目はかなり大事な要素になり、就職後の成功失敗にもつながるのでめんどくさがらずに決めましょう。

民間企業or公務員どちらにするか決める

就職といっても親の店を継ぐや会社を企業するという選択肢もありますが、ここでは『民間企業』『公務員』のどちらかを選ぶ事を考えてみましょう。

恐らく新卒の方は民間企業を選ぶ人も多いと思います。そして転職活動の人たちは公務員という選択肢も考えてる人もいるはずです。

就職の軸を決めていればどちらを選択するかも決めやすいはずです。

どちらにしてもあなたにあった場所で働くのがベストです。もちろん併願して行動するのも大丈夫ですよ。

この2つの違いはこちらの記事で紹介していますので迷っている方はご覧ください。

私は初め公務員という選択肢は全くなかったですが、転職を機に公務員就職もありだと考えました。この理由として私の転職の軸とマッチしていたからです。

向いているか向いていないかは上記の民間と公務員の比較記事をみて判断してみてください。

公務員を志望する場合の就活方法

公務員を志望する場合の行動の仕方を解説します。

公務員を希望する場合は試験対策を早めに始める

公務員の就職試験は民間と違ってかなり膨大な量から出題されます。

全範囲をくまなく勉強するのは時間があり、自頭が良くないとなかなか難しいです。ただ、時間のない中少ない時間で効率よく勉強できる方法もあるので勉強したくないからと言って諦めてほしくないです。

私でも独学で試験を突破する事ができました。勉強方法についてはこちらで解説しています。

また、公務員の応募期間は地域にもよりますが毎年4月~5月あたりに募集しており、約1か月の間に応募を逃すと追加の応募がない限り就職できません。

就職したい自治体があるのであれば早めに応募期間や採用人数などチェックしておきましょう。本年度が分からなくても毎年の案内から概要は分かるはずです。

私は結果的に独学で合格しましたが、失敗してもまた来年受ければいいぐらいの気持ちで受験しました。もちろん勉強や面接対策はちゃんと行いました。

どうしてもこの年で合格しなければならないという人は講座もあるので、独学で不安な人は検討してみるのもありです。

民間企業を希望する場合は早めに就職・転職サイトで企業をチェックしておく

どうしても行きたい企業が決まっている場合はそこ一本に絞り込んで直接ホームページから連絡してもいいかもしれませんが、大多数の人は『転職サイト』を利用します。

転職サイトを利用する目的やメリットとしては

・アドバイザーがあなたにあった企業を紹介してくれる
・条件を選択して人材を募集している会社がさがしやすい(地域・年収・職種など)
・面接試験対策も行ってくれる(基本的に無料)

そもそも就活の経験が少ないと自分の働きたい地域にある会社も数社しかしらないと思います。転職サイトで条件を絞っていくと膨大な会社から自分の条件にあった会社が絞り込めていきます。

また、キャリアアドバイザーという人がいて就活についての相談や非公開求人(サイト上では見れず条件にあった人のみに紹介してくれる)を紹介してくれます。

キャリアアドバイザーとは住んでいる地域の近くに支社があれば面談をする事をおすすめします。ない場合は電話面談も可能ですが、人生の大事な選択のサポートをしてくれる人とは直接話し合って人柄も見極めて置く事が大事です。

就活サイトはいくつかありどれに登録すればいいか迷うかも知れませんがおすすめは「リクナビ」「マイナビ」「doda」です。どれも大手の就職・転職サイトになります。

結論を言うと2~3サイトほど登録しておくのがベストです。

就活サイトについてはこちらで解説しています。

民間企業に就職予定のある人は就活サイトに登録してから企業に近づく第一歩が踏み出せます。
私自身も、行動したくないなという気持ちは分かります。
しかし、キャリアアドバイザーと話をしたり転職サイトをみているとモチベーションも上がるので、まずは登録する所から初めてみるのがお勧めです。

民間企業の内部情報を会社の評判サイトでチェック!(口コミ情報をうのみにするのは危険です)

民間企業の場合、表面上の事業内容や売り上げなどは知れべれる場合も多いですよね。

株式会社であれば過去に対しての現在の売り上げや利益なども公表しています。

しかし、内部の情報というのが一番働く人にとって必要な情報だと思っています。

実際に数字では大丈夫そうに見えても将来の経営が危うかったり、めちゃめちゃ過労させられていたりと表面上では分かりにくいです。

そんな時に役立つのが『企業の口コミサイト』です。

ただ、このようなサイトは真実の情報もあれば嘘の情報(職場でうまくいかずただ批判をしたい人もいる)もあります。

情報量も多く真実の情報も多かったのは『転職会議』ですね。このサイトは企業の情報を調べた事がある人は見たことがあるかもしれません。

見極め方はこの記事で解説しています。

あとは自分の就活・転職の軸にそって選び抜いた企業に全力で挑む

上記で解説した方法で会社選びを進めていれば大きく間違う事はないはずです。

もう1つアドバイスをあげるなら、会社を選びすぎて全然前に進まない場合があります。そんなときは興味のありそうな会社の合同説明会にも行ってみましょう。

説明会は大手転職サイトなどが定期的に開催しているので複数のサイトを登録しておけば参加しやすいです。

何か行動した事による安心感や新しい就活の入り口にもなるかもしれません。多くの企業に挑戦する事でその分、面接などの就活になれる事もできますからね。

【就職・転職】会社(企業)の評判サイトの口コミを見極める方法【本当か嘘か?】

初めて企業に入社するときや就職活動をするときに会社の情報を知れべる人もいると思います。

そんな中、企業の口コミサイトを見すぎて疑心暗鬼になったりする時が私はありました。

そんな方々のために、今までのの経験から真実の情報を見極める方法を解説していきます。

ちなみに私が良く使っていたサイトは有名な転職会議です。

【本当か嘘か?】 会社(企業)の評判サイトの口コミを見極める方法

実際に私は複数の企業で働いていた事もあり、その時の企業の口コミをみてみると本当の事も多く書かれていました。

ただ、口コミサイトの注意点として嘘の情報もある可能性がある事だけは頭に入れて置いてください。

じゃあどうやって真実を見極めるのか?

私が行ってきた方法を紹介しましょう。

悪い口コミ(良い口コミも同様)しか投票していない人はあまり参考にならない

給料やワークライフバランスについて口コミのジャンルがあり、何かネガティブな内容の口コミを投票している人がいたとします。

その人の事をクリックしてみて、すべてネガティブな内容の口コミを投票していたら怪しいと考えてください。

背景は様々ですが「会社の評判を下げたい人」、「嫌いな上司がいてひたすら悪口を書きたい人」などなど、何かしらの怒りを悪い口コミを投票する事によってストレスをぶつけている可能性もあります。

逆に言えばいい口コミも悪い口コミも程よくある人は真実の可能性が高くリアリティがあります。

内容にもよりますが方より過ぎた口コミは少し疑ってみましょう。

自分が就職する予定の業種で絞って検索してみる

同じ企業によっても部署や業種によって忙しさや待遇が全く異なる場合があります。

企業の将来性についてはどの業種でも共通するものがあったりしますが、ワークライフバランスなどは大分違うはずです。就職している人なら共感できると思います。

ですので、調べたい会社の中から【営業・開発・事務などなど】これらの業種の人々を絞り込んで検索する事ができます。

この絞り込んで検索した情報こそがあなたが働く際に近しい情報となります。

会員登録なしでも書き込めたり見れたりする情報は質が落ちる可能性がある

基本的に会員登録してすべての口コミが見れるサイトが多いですが、会員登録なしでも書き込めたり見れたりするものもあります。

こういったサイトは誰でも書くことができ、なおかつ気軽に参加できます。

何が言いたいかというと

①わざわざ会員登録してまで口コミを書いたもの

②その場で手軽に口コミを書いたもの

①と②を比べると明らかに①の方が手間じゃないですか?

つまり、手間がかかっている情報=真剣に書き込んである情報

というようにとらえることができます。

もちろん会員登録なしでも見れる情報が当てにならないという訳ではないのでそこは誤解しないでください。

会員登録するサイトは『転職会議』を使っていましたが、口コミを投稿する人の多くの目的は次の転職先の情報を見るためだと思います。もちろん利用は無料です。

会員登録や口コミ投稿、または課金する事で会社の口コミがみれるようになる仕組みです。

コロナや不況の影響があっても就職・転職活動を有意義にする方法を解説

2020年にコロナウイルスの影響で世界経済が大不況に落ち、転職市場も大きな影響をうけました。

内定取り消しや、給料カットが行われる企業もでてきましたね。

そんな中でも転職活動をすべて投げ出すのではなく、しっかり前に進む方法があります。

この記事では

・不況や就職氷河期にでも転職活動を有意義に進める方法
・転職市場が荒れているからこそ考えるべき事

以上のような事を解説していきます。

コロナウイルスや大不況で就職・転職市場がストップしている時にやるべき事

こんな時だからことやれる事を解説します。

①転職の軸をしっかりきめる

これは転職活動において一番大事なことです。

「給料が低いから」「上司が苦手だから」「仕事がつまらないから」

このような理由で転職したくなる気持ちは分かります。私も最初のきっかけはそんなもんでした。

ただ、勢いで転職する前にその他の会社が嫌な理由も洗いざらいノートやメモ帳にかき出してみましょう。

そして転職する会社で希望する事もかき出しましょう。その中から優先順位を決める事で転職の軸が浮かび上がってきます。

そうする事で、転職する理由が明確になり転職先も定まってきます

②自分のキャリア(市場価値)を整理する

いくら転職したいからといっても、企業によってはあなたのキャリアがマッチしていないと採用してくれないかもしれません。

もちろん小さい企業から大手企業に採用される事だってあります。それは今までやってきた事が大手企業でも活かせるからです。

就職においては面接だけの所や筆記+面接で採用を決める場所が多いです。

私の経験段からすると筆記がボロボロでも面接でしっかり転職先の求めているものとマッチすると2次面接や最終面接にまで進むことができます。私は筆記がボロボロでしたが中小企業から大手企業へ採用されました。

その企業の募集要項は私が今までやってきた仕事と内容がかなり似ていて、面接でも互いに相違がなく面接中でもかなり手ごたえが掴めました。

以上のように、募集要項の時点で自分がやってきた事が活かせそうかどうかで採用されやすさがかなり異なってきます。

もちろん熱意があれば全く新しい仕事内容でも採用される事はありますが、やはり今までやってきた事が新しい職場にどのように活かせるかがかなり大事になります。

その判断をするためにも自分のキャリア(市場価値)を整理する事が大事です。

転職市場価値についてはこの本が参考になりました。

[itemlink post_id="163"]

③就職・転職先をじっくり調べれる・不況の影響を見極める事ができる

不況になったからこそ、現在の会社の状況が株価や口コミ情報などで調べる事ができます。

具体的に調べるなら定番の転職口コミサイトがまずはおすすめです。

有名どころでいえば搭載企業や口コミ数も多い転職会議ですね。

実際に私も利用していましたが、面接時の質問内容や企業の雰囲気(ワークライフバランスや将来の成長性)なども参考になりました。

明らかな愚痴や批評はよほどトラブルなどがあった人が書いている可能性もあるので、全体を通して共通している内容や、内容がしっかり書かれているものを参考にしましょう。

転職会議に登録

ただ、口コミを見すぎて1つでも悪評があると「この会社はやめておこう」となる人もいます。実は私もそうでした笑

ただ、どんな会社でも全員がストレスなく働いている会社があると思いますか?

そう考えると社会に不満を持つ人が現れるのはあたりまえです。複数の会社をみて、この会社は明らかにネガティブな情報が集まっていると感じる場所は危険かもしれません。

マイナス要素が1つでもあると迷う人は、前項で解説した転職の軸を中心に考えましょう。

例えば

「仕事のやりがいはなくても、ワークライフバランスがしっかりしたところを優先したい」

「残業が多めの会社でも、給料やボーナスが高いほうがいい」

このように何を優先するのかしっかり定まっていればマイナス要素はそこまで害にはなりません。

コロナのような不況は状況をしっかり整理するチャンス!

前文で解説したように、就活がストップする状態でもやれる事はあるはずです。

転職活動を経験した身としては何度も就活を行いたくないです。

もちろん転職に失敗したら人生が終わるわけでなく、また挑戦もできます。

しかし、どうせなら1回で成功したいですよね。やれる事をやっていればモチベーションも不安も解消されるはずです!

転職サイトに登録してない人も早めに登録しておいて、転職エージェントの面談やweb履歴書(転職サイトがあなたを企業へ紹介する重要なもの)を完成させておきましょう。

おすすめ記事

不況にも強い公務員を目指すあなたへ

公務員と民間で迷っているあなたへ

【supreme×AKIRAコラボ】のTシャツをメルカリで買ってみた。Amazonでも売ってた

supreme×AKIRAのアイテムが欲しすぎて調べた結果、某通販サイト(amazon)でなんとオマージュしたオリジナルTシャツを販売している人がいました。

なんと価格は

約2000

しかも使用生地はGILDAN(ギルダン)

これは買うしかないと思いました。

【supreme×AKIRA】素材はGILDAN(ギルダン)のTシャツ買ってみた。なぜ買ったか

supreme×AKIRAに憧れが強すぎてフェイクでもいいから欲しくなり買ってしまいました。着ている人も町にいないですから逆にオリジナル感でますわ笑

買ったものはこちらです。

おそらくメルカリとAmazonの販売者もしくは入手経路は同じだと思われます。

[itemlink post_id="1567"]

このデザインみたことないですか?

ほぼsupremiのまんまです。違う部分は本家はバックプリントにテツオ、フロントにシュプのロゴが入っています。

ただ、このtシャツの雰囲気を味わうならこれで十分ですね。

実物はこんな感じ。

プリント部分のクオリティがちょっとフェイク感がある感じがします。(テカリで)

ただ、もともとフェイクというかオマージュ?だし2000円でギルダンの素材だしそこはOKでしたね。

実際来た動画もレビューとかねてあるのでご覧ください。

本家とは違うと分かっていて買うならありと思いました!

ちなみにこのデザインじゃなくても他にもいろいろあります。

[itemlink post_id="1573"]

民間から公務員に転職して感じた【後悔・失敗・注意点・メリット】

民間企業に勤めていて公務員を目指そうとする方も多いと思います。

実際に私は民間から公務員に転職した実績があり、その経験についての紹介をします。

この記事では

・公務員に転職して後悔はしたのかどうか
・転職して失敗したと思う事や注意点を知りたい
・公務員になってよかったと思うメリット

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(男性)

以上のような事を解説していきます。

結論!民間から公務員に転職して良かった?悪かった?

結論から言うと

後悔はしなかった。転職して良かったかな」という印象でした。

業種にもよると思いますが、「公務員最高!」となってる人はそんなにいないと思います。そこは民間企業も同じですけどね笑

むしろ後悔してない事が良い事と思うようにしてます。

後悔しなかった理由は、転職する前に公務員の実態や性質を理解して就職したからです。

もう少し分かりやすく言うと、私が公務員として役所で就職した理由は

そこそこの給料で地元で働き続けたかった

これを満たしてくれるのが公務員でした。もちろん市役所ではなく県庁で働いていれば、同じ県内での移動もあるため県の端から端まで勤務地になる可能性があります。

つまり、公務員の性質と、あなたが就職先に選ぶ業種の性質の2つを理解する事が後悔のない就職に繋がるのです。

公務員と民間の違いについてはこちらの記事で紹介しています。

民間から公務員に転職して感じた失敗談と注意点を解説

投資に失敗した人のイラスト

失敗にあたるかどうかは捉え方にもよりますが

民間企業で転職の軸の条件を満たし、もっといい会社があったかもしれない

こうは思った事があります。

私の転職の軸は先ほど述べた「そこそこの給料で地元で働き続けたい 」です。

民間の中小~大手のブランド力のある会社というのは全国的に展開している会社が多く、転勤の可能性もあります。

もちろん地元に根強く、世界的に有名な企業もありますがそちらの方が少ない気がします。例を挙げるならトヨタですね。

以上の理由から注意点を挙げるなら

なぜ公務員を受けるのか?民間企業でより良い条件の企業はないか?

このような疑問点を考えてみる事です。

こられは転職の軸がしっかりしていれば自ずと答えはでます。

では、なぜ民間ではなく公務員に転職したかを解説します。

なぜ公務員より条件が良い民間企業を受けなかったか?

実は、公務員の転職前に私は民間企業の転職も経験しており、地元の企業はある程度把握していたからです。

公務員になる前に民間企業に転職した事については後悔していません。民間転職の経験にもなりましたし、その時の転職の軸で考えて行動をしたからです。

民間転職の解説はこちらでしています。

再度民間の転職活動で行きたいと思える企業も特になかったので、公務員にも挑戦してみようと思い立ちました。

そして独学で公務員試験を挑戦して受かれば転職しようと考えました。

公務員試験を独学で合格した方法はこちらで解説しています。

民間から公務員に転職して感じたメリットは?

踊るお殿様のイラスト

なんといっても

安定性がある

これにつきます。

民間企業と違って利益を追求しないので給料や将来の運営などを気にしなくていいのです。

民間ではどんな大手でもなにがあるかわかりません。(不正取引・大暴落・環境災害など)

これらに全く影響を受けないわけではないと思いますが、いざという時でも安心できるのが公務員の魅力ですね。

また、中小企業・大手企業どちらにも就職したことがあり、需要があり続けるであろう事業をやっている会社にも就職しましたがどちらも売り上げが年々下がっていました。

もちろん年間売り上げなどの企業データを見比べていけば分かる事もありますが、入ってみないと内部の本質の状況というのは知ることが難しいです。常に世界は進化し続けているので、同じ事業を永遠とやり続けていてはサイクルが回りませんからね。(企業は成長する必要があるので安定が難しい)

そういった意味でも『安定』というものに公務員は特化しています。